まずはお気軽にお問い合わせください

お車のことで悩んだら、まずは私たちにお気軽にご相談ください。受付時間 : 9:00~18:00 (日祝休)

亀山自動車板金・塗装
〒500-8369
岐阜県岐阜市敷島8-85
TEL/FAX・058-253-1317

投稿カレンダー
2020年1月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
亀山板金の携帯版ブログ

カメラ付き携帯電話でこちらのQRコードを読み込んでアクセスしてください。
カメラが付いていないお客様は、携帯電話で下記URLを直接入力してください。
http://kameyama-bankin.com

アクセスカウンター
  • 301488購読者数の合計:
  • 41今日の購読者数:
  • 40昨日の購読者数:
  • 1118今月の購読者数:
  • 180644訪問者数の合計:
  • 38今日の訪問者数:
  • 35昨日の訪問者数:
  • 953今月の訪問者数:
  • 2011年4月12日開始日:
facebookページへのリンク

グループ毎の見積もりディスカッション。。。

先日の続きになります。。。

先週の日曜日 『岐阜県自動車車体整備協同組合』 主催の 『見積もり勉強会』 に参加してきました。。。

勉強会は2部構成。。。

1部は 『鈑金見積もりセミナー』 。。。

見積もりソフトを販売されている会社の方が講師となり、見積もりに関する基礎知識について解説されました。。。

今回の 『見積もり勉強会』 の参加事業者数は、23社・・・

岐阜県自動車車体整備協同組合に加入している事業場は、112社・・・

私が想像していた参加事業者数と、大きく懸け離れた人数でした・・・

『見積もり』 には、大きく分けて二通りがあると思います。。。

1つは、お客様の事情で保険を使わない、使えない・・・ というケース。。。

この場合は、修理費用を抑える為に新品部品に交換では無く、ダメージは大きいものの極力、修理というケース。。。

昨年の保険料金改定で、1回保険を使うと次回の掛け金が 『ドーン!!!』 と跳ね上がる為、出来るだけ使いたくない・・・ と仰るお客様のリクエストに添う見積もりとなります。。。

このケースでの修理費用は、お客様の自己負担となりますが、

2つ目は、従来通りの保険を使って修理する見積もり。。。

この場合、ダメージのある部分は新品部品を使用し、交換します。。。

クリップ、グロメット類など、メーカーからの修理書に基づき 『再使用不可』 の部品は全て交換となります。。。

その為、お客様への納車時には、とても満足のいく仕上がりとなります。。。

任意保険、車両保険を使用する事で過失割合に関係無く、お客様の負担金は無く、保険会社から各修理工場へ修理費用が振り込まれます。。。

ここで振り込まれる修理費用・・・

各損保会社との話し合いで双方納得した 『協定金額』 が決まります。。。

この 『協定』 ・・・

各修理工場の規模にもよりますが、その会社の代表者やフロントマンが自社の見積もりを作成し、損保会社に提示をします。。。

そこで損保会社との話し合いになりますが、見積もりに漏れがあると、自社の収益になりません・・・

作業はしていても漏れが発生した事により、作業費用が頂けません・・・

また、作業に対する重複部分があると、そこは指摘され、見積もりに対する未熟さが損保会社に悟られてしまいます・・・

我々の仕事は、工賃作業。。。

作業をした部分の1箇所1箇所を漏らす事無く計上し、損保会社に作業費用を提示する事で利益が発生します。。。

ですが、事故に同じ内容の物はありません・・・

人によって見積もり金額は違います。。。

見積もりには 『正解』 など無いのです。。。

『正解』 が、あるとするならば損保会社が認定した金額の 『協定金額』 が、そうなのかもしれません・・・

『正解』 が、無いのなら、他社の見積もり内容が気になります。。。

自分が作成した見積もり金額・・・ もしかすると漏れがあるかもしれない・・・

他社では、別の見積もり方や内容があるかもしれない・・・

そんな事をグループ毎にディスカッションしながら、1つの見積もりを作成する勉強会です。。。

参加事業者に資料が配布されます。。。

中身は・・・

自動車後部にダメージのある事故車の写真。。。

1台の修理車両を参加者が想像を膨らませ、修理の内容、交換部品、鈑金費用、塗装費用をディスカッション。。。

グループは4~5人毎、5つのグループ分けとなりました。。。

Aグループは、見積もり経験が20年以上のベテランが揃います!!!

私は、そのAグループ。。。

中には、見積もり経験が40年という大先輩も!!!

Bグループは、見積もり経験が3年以内のグループ。。。

C・D・Eグループは、見積もり経験の中堅勢が集まります。。。

Aグループの見積もり作成・・・

細かい所まで頭が働き、想像を膨らませ、ダメージ部分を頭の中で修理していきます。。。

そこで 『自社ではこの部分、O千円位の計上だけど、皆さんの場合は???』

『うちは、ここの部分は交換するな~。。。』

『うちは修理してO千円の計上や。。。』

『この部品を外す為に、この作業をしないかんけど、ここは計上します???』

ベテラン勢も、数多くのディスカッションとなりました。。。

そして最後にグループのリーダーに選ばれた方が、グループ見積もりの作成内容を発表していきます。。。

見積もり経験の浅いグループから、最後は我々ベテラン勢。。。

他のグループでは計上されていない部分があり、見積もり金額は最高値でした。。。

見積もりには 『正解』 がありません。。。

経験の浅いグループの金額も 『正解』 です。。。

ですが漏れが極力少ないと、我々が出した金額と大きな差が出てしまいます・・・

同じ作業内容でも、漏れが有っては収益になりません。。。

今回の勉強会は基礎を中心に 『原点回帰』 が目的でした。。。

改めて、見積もりの奥の深さが勉強でき、参加して良かったな~ と、感じました。。。

亀山自動車板金塗装 キズ修理 へこみ修理 岐阜市

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。